ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  環境・原発  »  福島原発の津波対策に80億円試算も東電、何ら手を打たず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




福島原発の津波対策に80億円試算も東電、何ら手を打たず

福島原発の津波対策に80億円試算も東電、何ら手を打たず
(日刊ゲンダイ2012/6/14)

大震災の5年前に、東電が、福島第1原発を大津波が襲った場合を想定し浸水対策費などで最大80億円が必要と試算したにもかかわらず、何ら具体的な対策を講じていなかったことが分かった。

大津波の想定は06年3月、原子力技術・品質安全部設備設計グループ(当時)で行われた社内研修で、入社3年目の技術系社員が作成し、報告会で発表した。会議には原子力部門の部長クラスも出席していた。

報告書は、想定を大幅に上回る高さ約13・5メートルの大津波が第1原発敷地内を襲った場合、浸水によって電源が喪失し、原子炉への注水が不可能になるとした。その結果、海抜13メートルにある5号機では建屋内への浸水などを防ぐ工事で20億円、防潮壁で囲った場合は80億円がかかると試算した。
関連記事




コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
IWJサポート
多機能カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
リンク
tokyo art
小沢一郎関連本
小沢一郎語録ツイート
Page Selector
石川知裕裁判費用カンパ
最新記事
注目ブログ
最新トラックバック
Social bookmark
Website Translator
hatena
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。